質問:私の土地に隣の家の庇(ひさし)が越境してます。私の土地が現に侵害されているのだから、庇(ひさし)の越境している部分を切ってしまっても、正当防衛になりませんか。(名古屋市C区 Eさん) | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

052-753-7526

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

質問:私の土地に隣の家の庇(ひさし)が越境してます。私の土地が現に侵害されているのだから、庇(ひさし)の越境している部分を切ってしまっても、正当防衛になりませんか。(名古屋市C区 Eさん)

回答: 正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しないとされているものです(刑法36条1項)。   隣の庇(ひさし)が...

質問:私の土地に隣の家の庇(ひさし)が越境してます。不動産侵奪罪というのにならないんですか。(名古屋市C区 Eさん)

回答: 不動産侵奪罪(刑法235条の2)は、不動産に対する他人の占有を排除して、自己の事実上の占有を設定する犯罪です。   行為としては、他人の土地を塀で囲って独占的に使用する...

質問:親から土地付きの家を相続して、そこに住んでいますが、どうやら、その家は、建ぺい率違反の違法建築のようです。行政から強制立ち退きとかさせられるんでしょうか。(愛知県Y市 Dさん)

回答: 行政は、違法建築物に対して、除却、移転、改築、増築、修繕、模様替、使用禁止、使用制限などを命ずることができるとなっています。(建築基準法9条1項)   ただ、あくまでも...

質問:私の家の敷地は、間口が1.8mの土地に既に建っています。もう家が建っちゃっているんだから、まさか、改築できないなんてことはありませんよね。既得権がありますよね。(愛知県Y市 Cさん)

回答: 残念ですが、そのような既得権は認められていません。   改築とは、新しい家を建てることなので改築の際は、建築確認が必要です。   また、増築、大規...

質問:私の所有地は、間口が1.8mと狭いですが、奥は広く、十分に家を建てることができます。登記の地目も「宅地」になってますし、公道にも面していますので、家を建てられますよね。(愛知県Y市 Cさん)

ダメです。 建築確認が下りないので、家を建てられません。   間口が1.8mでは、足りないのです。 建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならないとされています。...

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!