弁護士梅村正和

無料相談(初回30分は相談料無料)

相続・不動産・お金で、揉めたら、困ったら、トラブったら

愛知県弁護士会所属かつ愛知県知事登録不動産鑑定事務所

リアルバリュー法律事務所へ御相談ください。

 

地下鉄桜通線・鶴舞線「御器所駅」から徒歩4分

名古屋市昭和区北山町3-10-4

リアルバリュー法律事務所

相談受付専用電話:0120-987-976

※ 電話での法律相談は行っておりません

電話は、事務所での面談日時の打ち合わせ等に御利用ください。

〈事務所までの地図は、上の「事務所概要(地図あります)」タブから〉

・・・・・・・・

相続に強い弁護士事務所、不動産に強い弁護士事務所、金銭トラブルに強い弁護士事務所です。

 

所属する弁護士は、不動産鑑定士の資格も有し、数多くの不動産鑑定を行っています。

また、政府系金融機関(現 日本政策金融公庫)に7年ほど勤務し、金融にも携わってきました。

 

不動産売買・賃貸や売掛金・貸金の回収などは当然に不動産やお金の問題ですが、

相続も不動産とお金の問題です。

 

そのため、相続・遺産分割にあたっては、不動産やお金に詳しい弁護士が手掛けないと、

思ってもみなかった揉め事になることが多くあります。

 

リアルバリュー法律事務所の弁護士は、これまで、名古屋市を中心として

愛知県・岐阜県・三重県などで相続や不動産に関わる多くの問題を解決してきました。

 

名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)の方!

不動産・相続・金銭問題に強い弁護士が、あなたの代理人として、

交渉・調停・裁判の代理を行います。

 

初回30分無料相談

不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話での法律相談は行っておりません

電話は、事務所での面談日時の打ち合わせ等に御利用ください。

 

なお、相続、不動産いずれのことについても

取り敢えず内容証明郵便を出して、相手を促したいという場合、

内容証明郵便を作成して送付し、それに対する相手の回答を

受けるということまでであれば、金5万円に消費税を加算した

金額で承ります。

(その後の交渉や、裁判手続については、別途、着手金等を

決めるということになります。)

 

当事務所が内容証明郵便を出す場合、不動産が絡んでいる案件

については、「弁護士」だけでなく、「弁護士・不動鑑定士」

の肩書きで出すことも多く、

この場合、相手方が弁護士を立てている場合であっても、

相手方弁護士としては「向こうは不動産鑑定士資格もあるのか。

それでは、不動産について、いいかげんなことは言えないな。」

と良い先制パンチになったりします。

 

不動産問題で弁護士をお探しの方へ

 

リアルバリュー法律事務所が不動産に強い理由は、当事務所の弁護士は、

 不動産鑑定士としての鑑定評価と不動産調査

 弁護士として受任した不動産トラブル案件

などを全て合わせると、不動産に関して4000件を軽く超える経験があるためです。

 

これまで、名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県などの不動産トラブルを解決してきました。

当事務所の弁護士は、不動産鑑定士としての知識、弁護士としての交渉力を生かし、

お客様と供に歩む最強・最良のパートナーであり相談者として、

あなたの代わりに交渉いたします。

 

土地・建物の売買や借地・借家トラブル(地代や家賃、立ち退きなど)に関して、

不動産に関わった経験を生かして有利な解決へ導きます。

名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)で、

不動産問題でお悩みの方はご相談ください。

 

初回30分無料相談
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません

当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

相続問題で弁護士をお探しの方へ

 

相続問題は、結局は、不動産とお金の問題に帰します。

親兄弟、親族のことなんだから人情で何とかなるだろうと思っていても、

人情では、どうにもならないことが数多くあります。

 

リアルバリュー法律事務所が相続問題に強い理由は、

4000件を軽く超える不動産に関する経験と数々の相続問題の実績があるためです。

相続問題ではトリプルの強み(弁護士、不動産鑑定士、金融マンの経験)

有利で妥当な解決へ導きます。

 

相続・遺産分割・遺留分減殺請求などで最も問題となるのは、

特に不動産問題です。

相続財産が現金や預金だけなら、

遺産分割であれば、最悪、法定相続分に応じて按分するだけです。

株式も上場企業のものなら客観的な価格が把握できますので、

法定相続分に応じて計算するだけです。

 

不動産以外で問題になりそうなものは、同族企業の自社株の価値ですが、

これも、その同族企業の資産状況などで価値が決まることも多く、

そうなると結局は不動産問題ということになります。

 

したがって、相続問題は不動産問題ということになることが多いため、

相続関係の依頼をする場合も、不動産に強い弁護士に頼んだ方が良い

ということになります。

 

不動産に強い弁護士が相続に強い弁護士

ということになります

 

これまで、リアルバリュー法律事務所では、名古屋市を中心に、

愛知県・岐阜県・三重県などの相続問題を解決してきました。

名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)で、

相続問題でお悩みの方はご相談ください。

 

初回30分無料相談
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません

当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

金銭問題で弁護士をお探しの方へ

 

リアルバリュー法律事務所が金銭問題に強い理由は、

所属弁護士に金融マンの経験があり、かつ、

不動産鑑定士としても、金融に関係する不動産鑑定や不動産調査を多く行ってきた

ことにあります。

売掛金回収・貸金回収などお金の問題でお悩みの方はご相談ください。

 

初回30分無料相談
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません

当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

最新情報

質問:貸家のオーナー(大家)です。定期借家契約をして、期限が来たので借主に立退きを求めたら、「定期借家になってないので立ち退く義務はない」と言われました。きちんと定期借家契約を結んで、契約書もあるのに、そんなことってあるんでしょうか?

  回答:   借主が何を理由にして「定期借家になってない」 と言っているのか分かりませんが、 定期借家契約をして、契約書があっても 定期借家にならないことがあります。   借地借家法では、 […]

質問:宅建業者が物件の買主や借主に行う重要事項説明の内容について、昨年、改正があったようですが、どのような改正でしょうか?

  回答:   昨年の7月17日に、 「不動産取引時において、水害ハザードマップにおける 対象物件の所在地を事前に説明することを義務づけること」 とする宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する命令 ( […]

質問:親の所有土地を相続したので、相続を理由とする所有権移転登記をした際に、司法書士さんに「手数料が高いですね」と述べましたら、「ほとんど税金とかですよ」と言われました。内訳を見ると、登録免許税というのが結構高くなってます。登録免許税の金額に不服な場合に払わないでおいて、税務署とかから通知が来るまで待つということはできないのでしょうか。

  回答:   所得税とかであれば、税務申告の際に、 自分が算定した金額だけを納税し、 税務署がそれで足らないと判断したときに、 税務署から修正申告せよという通知が来たり、 税務署が一方的に不足税額を […]

質問:隣の家の塀が傾いて、うちの土地に倒壊してきそうです。重量のありそうな塀で、倒壊したらかなり危険に思えますが、権利として何か言えることはなのでしょうか。

    回答:   自分の土地に隣の塀が倒れ込んできそうな状態 なので、 自分の土地を守るために、塀が倒れないように 予防措置をしてくれと隣地所有者に言う権利が あります。   隣 […]