お隣(隣地の所有者など)との「もめごと」について相談や依頼は可能でしょうか? | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

052-753-7526

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

お隣(隣地の所有者など)との「もめごと」について相談や依頼は可能でしょうか?

当事務所では、弁護士事務所であるだけでなく、 不動産鑑定事務所であるという強みをいかして 不動産が絡んでいる案件(不動産売買、不動産賃貸、 相続・遺産分割・遺留分請求など)について ...

隣の土地の木の枝がうちの土地に越境してきました。どうすれば良いでしょうか。

「不動産の法律」コラムにも書きましたが、 今年(令和5年)4月から法律が変わりました。 今までは、お隣さんに枝を切ってくれと請求できるだけでしたが、 法改正によって、 お隣さん...

質問:今、訴訟中ですが、相手方に弁護士がいっぱい付いてます。大丈夫でしょうか。

回答:   訴状などの裁判書面に弁護士の名前がいっぱい連記 してあるものがあります。 たとえば、こんな風に。 「原告訴訟代理人弁護士 だれそれ」 ...

質問:貸家のオーナー(大家)です。定期借家契約をして、期限が来たので借主に立退きを求めたら、「定期借家になってないので立ち退く義務はない」と言われました。きちんと定期借家契約を結んで、契約書もあるのに、そんなことってあるんでしょうか?

回答:   借主が何を理由にして「定期借家になってない」と言っているのか分かりませんが、定期借家契約をして、契約書があっても定期借家にならないことがあります。  ...

質問:宅建業者が物件の買主や借主に行う重要事項説明の内容について、昨年、改正があったようですが、どのような改正でしょうか?

回答:   昨年の7月17日に、「不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することを義務づけること」とする宅地建物取引業法施行規則の一部を改正...

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!