先生は、「不動産鑑定士」という資格をお持ちだそうですが、「不動産鑑定士」は、英語で何と表現するのでしょうか。公認会計士みたいに「Certified なんとか」みたいになるのでしょうか。あと、弁護士の英語表記についても、よろしければお教え下さい。(東京都 Rさん) | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

苦はなくなる

0120-987-976

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

先生は、「不動産鑑定士」という資格をお持ちだそうですが、「不動産鑑定士」は、英語で何と表現するのでしょうか。公認会計士みたいに「Certified なんとか」みたいになるのでしょうか。あと、弁護士の英語表記についても、よろしければお教え下さい。(東京都 Rさん)

回答:
不動産鑑定士の中にも、不動産鑑定士の英語表記をCertified Real Estate Appraiser などとしている人がいるようですが、かつて、正式に、日本不動産鑑定協会(現 日本不動産鑑定士協会連合会)が定めた表記があります。

それは、Licensed Real Estate Appraiser(LREA)です。

 

今でも日本不動産鑑定士協会連合会の英語ページにLREAの説明があります。 ↓

” Japan Association of Real Estate Appraises  Real Estate Appraiser “

 

以前、日本不動産鑑定協会時代の機関誌で不動産鑑定士を英語表記する場合は、Licensed Real Estate Appraiser を使用してください。

Certified Real Estate Appraiser は、間違いですと注意していました。

 

あと、弁護士を英語表記すると、Attorney だけでは代理人という意味なので弁護士そのものを表現するにはAttorney at Law という表記になります。

ちなみに、検察官は、Public Attorney となります。

関連記事

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!