質問:登記簿で「宅地」となっている土地を買いました。登記所が「宅地」と認めている土地なので、間違いなく家を建てられますよね。家を建てられないんじゃ「宅地」でないですもんね。(愛知県X市 Bさん) | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

苦はなくなる

0120-987-976

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

質問:登記簿で「宅地」となっている土地を買いました。登記所が「宅地」と認めている土地なので、間違いなく家を建てられますよね。家を建てられないんじゃ「宅地」でないですもんね。(愛知県X市 Bさん)

回答:
登記上の地目が「宅地」となっていても建築確認が下りずに、家を建てられない土地はあります。

 

登記で地目が「宅地」となっているのは、登記をする際に、登記申請書類が整っていたということにすぎません。

建築確認が下りるかどうかは、実際に、建築予定の建物が建築基準法に違反していないかどうかで決まります。

 

したがって、登記上の地目が「宅地」となっていても、建築基準法で、家を建てられる条件を満たしていないので、建築確認が下りずに、家を建てられない土地というのは存在します

関連記事

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!