「ペット飼育可」のマンションを買ったのに、「ペット飼育不可」に規約変更されてしまいました。私の承諾も無く、こんな規約変更して良いのですか? | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

お問い合わせは
こちら

052-753-7526

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

「ペット飼育可」のマンションを買ったのに、「ペット飼育不可」に規約変更されてしまいました。私の承諾も無く、こんな規約変更して良いのですか?

 

正式に合法な管理組合総会決議にて

「ペット飼育不可」と規約変更されたのであれば、

残念ながら、文句は言えません。

 

建物の区分所有等に関する法律(通称:区分所有法)

では、

「規約の設定、変更又は廃止が一部の区分所有者の権利に

特別の影響を及ぼすべきときは、その承諾を得なければならない」

となっていますが、

「ペット飼育可」のマンションを「ペット飼育不可」

規約変更する場合、裁判所の判断では、

「飼い主の身体的障害を補充する意味を持つ盲導犬」とか

「自閉症の家族の治療上必要」とかではない

通常のペット飼育は、飼い主の生活を豊かにする意味は

あるとしても、

飼い主の生活・生存に不可欠のものではないとして、

特別の影響を及ぼす場合にあたらないので、

「ペット飼育不可」への規約変更は、

ペットを飼っている住民の承諾がなくても有効である

というものです。

 

なので、ペットを飼いたい人がマンションを購入する場合、

購入する時点で、「ペット飼育可」かどうかだけではなく、

将来的にも「ペット飼育不可」規約変更される可能性が

低いマンションを購入する必要があります。

たとえば、マンション住民の大部分がペットを飼っている

ようなマンションであれば、「ペット飼育不可」規約変更

されることは無いので安心ということになります。

関連記事

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!