特別受益と扶養義務との関係(判例その3)(平成31年3月12日掲載) | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

052-753-7526

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

特別受益と扶養義務との関係(判例その3)(平成31年3月12日掲載)

  昭和47年11月15日東京家庭裁判所審判 「生前贈与が生涯の伴侶に対する実質的な共有財産の清算的配分の性質をもつ と共に、老後の扶養の保障的意味のものであったり、病弱な子の病気療...

特別受益と扶養義務との関係(判例その2)(平成31年3月11日掲載)

  昭和56年6月18日福岡家庭裁判所小倉支部審判 「被相続人(亡くなった人)の配偶者(奥さん)を除くその他の相続人(亡くなった人の子供たち)は、 被相続人から教育のための学資、婚姻...

遺言書の保管制度(平成31年3月10日掲載)

  相続法の改正で、自筆証書遺言を保管する制度が創設されました。 「法務局における遺言書の保管等に関する法律」という法律によって、遺言書保管所の遺言書保管官が取り扱うこととされていま...

特別受益と扶養義務との関係(判例その1)(平成31年3月9日掲載)

  親が子に金銭的援助をしていた場合に、それが特別受益となるかどうかは、親の援助が扶養義務の範囲内と言えるかどうかが鍵になります。 たとえば、平成21年1月30日東京家庭裁判所審判で...

特別受益になる生前贈与とは何か(平成31年3月5日掲載)

  前の記事に書いたように特別受益になるかどうかで相続する財産の額が大きく違ってくることがあるためある財産を生前に譲り受けたことが特別受益かどうかが争われることがあります。 特別受益...

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!