質問:父が亡くなり、父の遺言書によって、私が父の全財産を相続しましたが、兄弟から「遺留分侵害額の請求」という通知が来ました。「遺留分」については、もっと難しい言い方が正式にあったと思いますが、この通知は有効なんでしょうか。(愛知県B市 Qさん) | 相続・不動産に強い名古屋の弁護士

logo

WEB相談も
受け付けております

苦はなくなる

0120-987-976

予約専用ダイヤル 月〜金 9:00〜18:00

質問:父が亡くなり、父の遺言書によって、私が父の全財産を相続しましたが、兄弟から「遺留分侵害額の請求」という通知が来ました。「遺留分」については、もっと難しい言い方が正式にあったと思いますが、この通知は有効なんでしょうか。(愛知県B市 Qさん)

回答:
遺留分については、2019年7月1日から改正された法律が施行されています。

 

遺留分に関する請求に関しては、それまでは、御質問にあるように「遺留分減殺請求」(いりゅうぶん げんさいせいきゅう)という難しい言い方がされていました。

 

改正民法によって、このような難しい言い方ではなくなり、また、遺留分について請求するものが、法律の原則上、お金になりましたので、(それまでは、不動産の共有持分をよこせとか言えました)

今は、「遺留分侵害額の請求」などという言い方をします。

 

なので、届いた通知は、有効なものだと思われます。

関連記事

相続・不動産問題は
不動産鑑定士としての実績も持つ、
リアルバリュー法律事務所に
お任せください。

代表弁護士が、解決までワンストップでサポートします!